ニュータウンむつみの里

潟上市天王出戸地区新ふるさとマイホーム推進事業『ニュータウンむつみの里』

1.事業の目的

潟上市は、平成17年3月22日に、旧天王町・昭和町・飯田川町の3町が合併し誕生した人口約3万6千人の街です。県都秋田市に隣接という地理的条件等から人口が増加傾向にあります。主産業は農業ですが、秋田市へ通勤する第三次産業就業者が増えてきており、都市型の就業構成に移行しています。
市では現在若年層の定住化を図る為、優良企業の導入による雇用の場の拡大、教育、文化、体育施設の整備、道路公園等生活環境の整備を積極的に実施しており、こうした一連の地域開発により旧3町の長期構想基本計画及び都市マスタープランにおいても将来の人口増加を見込んでいます。これにより新規に発生する住宅需要はかなりの戸数と見込んでいます。
こうした状況の中で、本地区が県都秋田市に隣接という地理的条件、松林に囲まれた緑豊な自然条件を生かし「木に育まれた街づくり構想」に沿った、ゆとりある緑豊な住環境を有する優良な住宅団地を整備し、平成30年度までに500戸を供給することとし、町内県外の住民だけでなく、大都市地域からの住み替え者特にUターン者を受け入れることにより、人口の定住化を図り、一層の地域の活性化と健全な町づくりの発展に資するものを目的としています。
むつみの里北欧スタイルの家

2.宅地開発事業の名称

潟上市天王出戸浜駅周辺宅地開発整備事業

3.宅地開発事業の開発地区の面積

開発地区の面積 20.7ha
都市計画区域内に含まれる開発地区の面積 20.7ha
市街化調整区域に含まれる開発地区の面積 0ha

3.宅地開発事業の実施期間

第一工区 第二工区 第三工区
開発区域内の土地の取得 H3.10~H20.3 H3.10~H23.3 H2.12~H 3.7
宅地の造成及び公共施設の整備に関する工事 H15.4~H23.3 H7.4~H29.3 H3.10~H4.4
造成宅地等の処分 H15.8~H25.7 H15.8~H30.3 H4.8~H6.4

5.宅地開発事業が潤いある緑豊な住居環境の創造するために必要な事項

(1)

〈1〉 基本方針
潟上市天王出戸浜駅周辺宅地開発事業は、定住促進、地域活性化のため、ゆとりある住宅地を整備し出戸浜駅を中心とする徒歩10分圏内に医療施設、利便施設を配置し、既存の近隣公園やコミュニティー施設との融合を図り、地域住民や大都市地域からの住み替え者の余暇時間の増大、多様化するライフスタイルに対応していくこととします。また、本地区は恵まれた自然環境を有しており、開発にあたっては従前の地形や松林をできるかぎり保全し、潤いのある生活環境を確保し、緑豊な街づくりを推進することを設計の基本姿勢とします。

〈2〉 住宅地
戸建て住宅用の独立住宅用地については、平均区画面積を250m²(75坪)[200m²(60坪)~250m²(75坪)台を310戸、250m²(75坪)~300m²(90坪)台を120戸、300m²(90坪)~400m²(120坪)台を40戸、400m²(120坪)~500m²(150坪)台を20戸]と、全体としてゆとりある規模とするほか、集合住宅を10戸設けます。また、良好な住居環境を確保、維持する為の建物の用途、色彩を一定の範囲に制限する建築協定を一部の地区において締結をし、木に育まれた街づくり基本構想に基づき、自然と調和した街づくりを計画し整備します。なお独立住宅用地490区画は、株式会社むつみワールドによる戸建て分譲住宅用地とします。


豊かな「緑のフィールド」で心休まる住環境

〈3〉 公共施設用地
道路については、県道出戸浜停車場出戸浜線及び町道との接続を図り、地区内は6m幅員とします。さらに団地中央部は、8mの車道と両側2mの歩道を設け幅員12mの幹線道路とし、歩行者専用道路として団地周囲を幅員3m程度の緑歩道のネットワークを形成し、居住者の安全確保、居住環境の向上に資するようにします。公園については中小規模の公園11ヶ所を設置し、それぞれ多目的使用と緑豊な空間の創出を図ります。

〈4〉 公益施設用地
駅前広場(公園)、購買施設、ATM用地等を配置します。

〈5〉 業務施設用地
業務施設用地は、特に立地しません。

(2)土地の利用計画

土地の利用 面積(ha) 構成比率(%) 備 考
住宅地 独立住宅地
集合住宅地
12.4
0.1
60.0
0.4
平均区画面積 250m²
最大区画面積 500m²
最初区画面積 200m²
12.5 60.4  
公共施設用地 道路用地
公園・緑地・広場用地
河川・水路用地
その他公共施設用地
5.5
1.8

0.1
26.6
8.7

0.4



雨水浸透用地 他
7.4 35.7  
公益的施設用地 0.8 3.9  
業務施設用地      
合 計 20.7 100  

(3)人口計画

住宅形式 面積(ha) 戸数 一戸当たり人口 人口
独立住宅
集合住宅
12.4
0.1
490
10
3.5
3.5
1715
35
合 計 12.5 500 3.5 1750

6.宅地開発事業の周辺地域の施設整備に関する事項

本地区周辺1km以内には、市立の幼稚園・小学校・出戸地区コミュニティセンター・公民館分館・老人憩いの家・野球場・児童公園・運動広場などが施設整備されており、2km以内には、特別養護老人ホーム・テニス場・出戸浜いこいの森が整備されている他、市のシンボルとして都市計画事業の鞍掛沼総合公園があります。また、遠浅で県内でも有名な出戸浜海水浴場もこの距離内に入っています。3kmから5km以内には、市役所支所・中央公民館・図書館・保育園・長沼地区公園(野球場・球技場・テニス場)勤労青少年ホーム等町の施設が整備されている他、県立秋田西高校・高等職業訓練校・総合病院も整備されています。また、本地区の生徒が通学する市立天王南中学校もこの地域にあります。平成14年には秋田市追分地区に秋田県立大学が開学し、高等教育機関が充実した文教地区でもあります。


  • 毎年夏には花火大会

  • 秋田県立大学 秋田キャンパス

7.宅地開発事業者に関する事項

  • 氏名または名称 : 株式会社むつみワールド
  • 住所 : 秋田市八橋本町三丁目18番33号
  • 宅地建物取引業法に基づく免許 免許種別: 秋田県知事免許 免許番号(13)第230号

8.大都市地域からの住み替え者数の目標

本地区に受け入れる大都市からの住み替え者数の目標は、160世帯、560人とします。

9.大都市地域居住者向けの宅地募集の情報提供に関する事項

大都市地域における宅地募集は、開発業者においては一般住宅雑誌・パンフレット及び新聞に募集広告を掲載するほか、インターネットのホームページ上に物件を掲載します。また、不動産流通機構を通じて広くPRし募集に努めます。市役所内では産業労働部都市整備課担当が主となり、労働・商工担当である各課と連携を図りながら、住み替え者の相談室を設置し職の紹介等の問い合わせや現地見学者に対応していきます。更に、旧3町出身者で構成している首都圏の「ふるさと会」や「県人会」を通じて、Uターン者を募るほか、会の協力を得て職場知人等に潟上市のPRを実施し住み替え者の募集を図ります。また、(株)むつみワールドが加盟するアパマンショップネットワークを通じても広くPRをおこなうと共に、東京都にある「Aターンプラザ秋田」にも定期的に資料や不動産情報誌を郵送し首都圏在住者へ田園都市の魅力を伝えます。

10.大都市地域居住の宅地譲受者に対する地域情報等の提供に関する事項

宅地購入者には、円滑な住み替えを支援するため、市で刊行している「広報かたがみ」と本地区の整備状況や地域の雇用状況、住宅情報の紹介等を内容とする情報案内を定期的に事業者から市役所を通じて発送します。また、電話相談やインターネットのメールなど窓口相談に対応できるように体制を整えます。


  • 天王グリーンタワー「道の駅 てんのう」

  • 潟上市立天王総合体育館

11.その他必要な事項

(1)住宅の整備方針
地域内に建設する戸建て分譲住宅の概要は以下のとおりです。
1)独立住宅
〈1〉供給主体  株式会社むつみワールド
〈2〉建設戸数  490戸
〈3〉敷地面積  200~500m²
〈4〉延床面積   80~230m²
〈5〉処分など  一般分譲住宅
2)集合住宅
〈1〉供給主体  株式会社むつみワールド
〈2〉建設戸数   10戸
〈3〉敷地面積  1,000m²
〈4〉延床面積   50~80m²
〈5〉処分など  賃貸住宅
(2)住み替え者受け入れのための体制について
市と開発事業者は、互いに住み替え者受け入れのため専従者を配置し、常時連絡を取り合い円滑に住み替え者に対応できる体制を整えます。

問い合わせ窓口

株式会社むつみワールド

〒010-0973  秋田市八橋本町三丁目18-33  住宅事業部 TEL:(018)863-5050

潟上市役所 昭和庁舎

〒018-1401  潟上市昭和大久保字堤の上1-3  産業建設部都市整備課 TEL:(018)855-5119