任意売却について

任意売却とは

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンの融資を受けている人(債務者)と住宅ローン金融機関(債権者・抵当権者)との合意により、競売のような強制ではなく「任意」で売却することをいいます。

住宅ローン債務者が毎月の返済ができなくなり放置していると、債権者は担保不動産の競売申立を行い、これを売却して資金を回収しようとします。

しかし、競売になると、一般売却市場価格より安い価格(6割~7割程度)になってしまうことが多く、せっかく不動産を売却処分したにもかかわらず、残債務(借金)が多く残ってしまうこともあります。 それは、金融機関(債権者)にとっても好ましくないことです。

また、競売になると裁判所により、債務の内容や住宅内部の写真などが公表され、ご近所にも知れ渡ってしまいます。

そこで、そうなる前にあらかじめ債権者と話し合い債権額を下回ることを合意の上で、一般の中古住宅と同様に販売することを「任意売却」と呼びます。

任意売却とは

債権者側は、競売処分するよりも資金回収が多くなるというメリットがありますし、債務者も通常の売却と同じですから、ご近所にも状況が知れ渡ることがなく、売却後に残ったローンの返済についても、今の生活状況に合わせて、少額返済や一時金による債務免除などの柔軟な対応をしていただけるケースもあります。

私たち不動産業者が仲に入り、債権者すべての同意を得て、いずれは競売される不動産を一般の不動産市場に売りに出し、市場価格に近い価格で売却を試みるのが任意売却です。