「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017」優秀賞を受賞いたしました!

この度、当社住宅商品『木もれ陽』が「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017」優秀賞を受賞いたしました。ありがとうございます!

testのコピー.gif


【ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーとは】

image_top_14.jpg
一般財団法人日本地域開発センター( 主務官庁:国土交通省)が、
①外皮・設備の省エネルギー性能値
②多様な省エネルギー手法の導入
③省エネルギー住宅の普及への取り組み
の3つの視点で評価を行い、省エネルギー性と普及性に優れた住宅を表彰する制度です。

今回、当社の『木もれ陽』が省エネ住宅としての総合的な取り組みで評価されました。
3B6A2871.jpg
 木もれ陽は、地球環境(CO2削減)と地域とそこに住まう方の健康に配慮した、次世代を見据えた住宅です。
建物の外皮(外壁・屋根・窓などの外気に接している部位)とエネルギー設備機器を一体として捉え、省エネルギー性を追求しました。
将来のリフォームにも対応した間取りが作る「特別な時間」は家族が同じ空間で過ごす時間を増やし、
ピンポイントの冷暖房でも豊かな暮らし方を可能とします。

 また秋田県産材木にこだわり、秋田の気候にあったものを追求した結果秋田杉、唐松を採用しました。
この試みが地域の経済循環やウッドマイルズ(木材総輸送距離)におけるエネルギー削減にも繋がっています。

 今回の受賞はOBお施主様、いつも当社へご意見をくださる地域の皆様、
協力業者の皆様のおかげと感じております、本当にありがとうございます。

 この受賞をステップアップとしまして、当社経営方針にもあります
「地域の活性化にも寄与していく」を有言実行していきます。
地産地消にこだわる当商品の展開により林業、製材業を始めとする地域経済活性化を推進していきたいと考えております。

 より一層、お客様のためになる住まいづくりを精進してまいりますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。。